左右のバランス

みなさま、こんにちは。

今日は骨盤の左右差についてお伝えしたいと思います。

私、くろやまは定期的にトレーニングをしています。

少しずつ重量を増やしていき順調に負荷増大が進んでいました。

しかし、スクワットやデッドリフトを行う際
ある重さ以上になると右の腰がひどく痛むようになりました。

原因は骨盤を安定させる多裂筋に
(詳しくいえば仙骨と腰椎を結びつけ安定させる筋肉)
あると考え、今まで以上にその筋肉を意識して
スクワットやデッドリフトに取り組みましたが
やはり右腰の痛みはその都度発生しました。

ちなみに下図が多裂筋です。

試行錯誤して、しばらくしてから悩みは解決しました。

結論をいうと多裂筋の左右差が影響していました。

私の場合、左の多裂筋が右に較べて出力が弱かったため
荷重が強くかかった際、右の骨盤の前傾を強めてしまいます。

そのことで右腰の関節に強いストレスがかかり
痛みを誘発していました。

答えがわかれば対策は簡単です。

荷重時に左の多裂筋を意識して左の骨盤の前傾を
右と釣り合わすだけ。

それだけでスクワットやデッドリフト時に痛くなっていた重量から
20kg増やしても右腰の痛みは感じなくなりました。

このような問題は特にスポーツをする人や毎日同じ動作を
繰り返す仕事をする方が遭遇するものだと考えられます。

繰り返しの動作によって使われる筋肉のくせが生じやすいからです。

骨格を安定させるにはもちろん骨を支える筋肉の強さも必要ですが
バランスも大事だというお話でした。

何かを組み立てる際、片側だけ強くてもすぐに
倒れてしまいますよね。

更に詳しく腰痛について知りたい方はこちらを
ご覧ください。
www.kuroyama-seikotsu.com/youtu.html

今回の問題のような悩みをお持ちの方は
お気軽に当院スタッフまでご相談くださいませ。

くろやま