月別アーカイブ: 2018年1月

頚椎の神経痛

みなさま、こんにちは。

今回は頚椎の神経痛についてお伝えしようと思います。

その中でも画像などでも
わかりやすい頚椎の骨棘による神経痛について説明します。

ちなみに骨棘とは
『骨に加えられた何らかの刺激に反応して骨組織が増殖し棘状となったもの』
と説明されています。

簡単にいうと骨が棘の形に変形することですね。

さて、人の背骨は首7個、胸12個、腰5個、仙骨でできています。

それらが構成する関節の間には
椎間板と言われる水分を多く含み
クッションの役割を果たす組織があります。

しかし、変形が起きたり
水分が少なくなってしまった椎間板では
背骨でのクッション性が悪くなり
上下の骨同士での圧力が増加します。

骨棘は、高応力部では添加が起こり低応力部では吸収されるという
Wolfの法則に従い発達します。

変形が起きたり水分が少なくなってしまった椎間板では
背骨間のクッション性が悪くなり
上下の骨同士での圧力が増加させ骨棘を形成します。

大きい骨棘が形成されると図のように関節の間が狭くなることで
神経を圧迫してしまい、しびれや筋力低下をきたすことがあります。

骨棘は関節不安定性に対する適応でもあるので
予防には頚椎の安定性を高めるトレーニングが必要です。

具体的には頚椎安定化に働く頚長筋の活性化や胸郭の可動性を引き出すことで
頚部の安定性は高くなります。

このことについてはまた別の機会にお伝えしますね。

以上、頚部から発生する神経痛の原因のお話でした。

森島