月別アーカイブ: 2013年11月

暖房器具だけじゃなく体の中も冬支度! 冷えが及ぼす影響と対策とは?

おはようございます。
毎日元気!森島です^ ^

ずいぶん寒くなってきましたが、皆さんは体調はいかがでしょうか?

冬になると気温が下がり、体温が奪われやすくなりますよね?
冬だから仕方が無いと身体を放置していると
体調不良に繋がることもあるようです(^_^*)

そこで今回は身体の冷えがが及ぼす影響とその対策について
少し面白い記事がおったのでご紹介したいと思いますm(__)m

⚫️身体の冷えは免疫力を低下させる(ーー;)
気温が低くなることで体の熱が奪われやすい冬は、
風邪やインフルエンザにかかりやすい季節と言われています。
理由は、体の冷えによる免疫力の低下だそうです。

免疫力とは、体の健康を保つために欠かせない力なので、
低下することでウイルスにとって動きやすい環境を作ってしまいます。
免疫力の低下させないためには、ビタミンやポリフェノールの摂取が
大切なようです^ ^
また、免疫力は寝不足によっても低下しますので、
睡眠不足にならないように規則正しい生活を送ることも大切なようです\(^o^)/

⚫️身体の冷えは内臓機能を低下させる(ーー;)
体が冷える冬は、内臓機能が低下しやすくなるようです。
膀胱炎や腹痛、体のだるさ、食欲不振などの症状が出ている場合は、
ご自身のお腹を触ってみましょう。
張りや硬さがある方や手の温かさを感じる方は、
体が冷えている状態と言えるようです^ ^

内臓機能低下を改善するために内側からも体を温めましょう。
温かい食べ物や飲み物を摂ることはもちろんですが、
ショウガや唐辛子などの発汗作用がある食べ物を摂ると
冷えは予防できるようですね。

歯ごたえを楽しめる生野菜も出来るだけ控えて、
電子レンジで温野菜にする、
鍋やスープで煮込むなどして料理面も工夫することもすごく良いようです^ ^

⚫️身体の冷えは血流を停滞させる(ーー;)
体の冷えは、内臓機能低下だけではなく血流も停滞させてしまうようですね。
体内を流れている血液には、食べ物や飲み物から摂取した栄養分を
体全体へ送り出しながら、不要な老廃物を取り除く働きがあるので、
血流が停滞すると様々な部位に悪影響を及ぼすようです。

肩や首などのコリ症状、生理痛などにお悩みの方は血流停滞が考えられます。
血流停滞を改善させるためには、お風呂に入る習慣をつけると良いみたいです(^ ^)

一人暮らしの方や忙しい方は、なかなか湯船にお湯を溜めることはないかもしれませんが、
冬の時期は特に血流停滞が起こりやすいので、
シャワーで済ませず出来るだけお風呂に浸かることをお勧めします。

また、生理痛が毎月ひどい場合は、
慢性的な冷え症が原因になっていることが多いようです。
。漢方を服用することで症状が改善することもありますし、
生理痛の原因が子宮内膜症や子宮筋腫ということも考えられるので、
定期的に婦人科を受診することもお勧めします。

⚫️身体の冷えは脂肪燃焼を抑える(^ ^)
お腹周りやお尻、二の腕などについた脂肪を取り除くためには、
エネルギー消費量を増やして余分な脂肪を分解させる必要があります。
体の冷えは、脂肪分解の妨げになるので体温を下げない生活をする必要があるようです(^ ^)

脂肪を燃焼させるためには、出来るだけ体を動かすことです。
寒くなると外出したく無くなるかもしれませんが、
近所を散歩する、自宅でヨガやストレッチをする際には厚着するなど
体温を上げて、より多くの脂肪を分解させ低体温と冬太りを防げるようです。

⚫️最後に身体の冷えは怪我を招く?
冬は、寒さに耐えるために体を縮め、
全身に力が入ってしまうので筋肉が硬くなりやすいと言われています。
体のコリやハリに悩む方が増えるだけではなく、
足の筋肉が硬直することによって転倒する方も増えるようです。

雪や氷によって滑りやすくなっている路面を歩く際には、
一歩一歩確かめながら歩幅を小さくすると転びにくくなるのでお試ください。

20131128-095253.jpg

膝の痛み…大阪市生野区の患者様

皆さん、こんにちは。

今回は大阪市生野区の患者様で
膝の痛みで来院されました。

レントゲンを撮って
骨に異常はない、と言われたけども
打撲や捻挫をしたわけでもないのに
膝裏やお皿のあたりが
痛いとのこと。

外観上、腫れや発赤などもなく
触ったからと言って
痛いわけでもない。

膝の痛みでは
見た目はどうにかなっている
わけではないのに
「動いた時に痛い」という方が
とても多いのです。

つまり、動いた時に
膝関節が捻れが大きくなるなどの
問題が起きることで
痛みが発生しているんですね。

だから静止した状態で写す
レントゲンでは
一見問題がないように
見えちゃうんです。

膝関節は蝶番関節という
曲げ伸ばしという一軸の方向に特化した
構造をしていて
あまり捻れという動きは得意では
ありません。

20131126-160544.jpg
うちに来院する
膝の痛みの患者さんの9割が
太ももの骨に対して
スネの骨が外に向く
「下腿外旋症候群」です。

治す順序は

1→
まず、外旋しているスネを
まっすぐにして捻れをとる

2→
まっすぐのスネの状態を
保つために膝関節を安定させる
筋肉の活動を促す

3→
その膝関節の状態を保ったまま
歩いたりなだ日常動作が出来るように
運動する

です。

よくあるのが1と2を飛ばして
いきなり3から始めちゃうパターンです。

これは建て付けの悪い扉を
無理矢理開け閉めするようなもので
余計に関節に負担がかかり
悪化させてしまいます。

簡単ですが
膝の治療の紹介でした。

玄山

この時期だから是非!

おはようございます。
毎日元気! 森島です^ ^

秋はどこに? と思うほど一気に季節が進みましたが
みなさん体調は壊していませんか?

この寒さ対策に毎年私がしていることを
書きたいと思います(^O^)

その対策はズバリ! 生姜を摂取することです。
生姜の効能を少し調べてみました(^O^)

20131120-090931.jpg

生姜には冷え取り効果があるようで
特に黒生姜にはその効果がより高いようです\(^o^)/

黒生姜とは、タイなどの熱帯地方で栽培されているショウガ科ケンピリア属の
植物で、日本では黒生姜、黒ウコンと呼ばれているようです^ ^

タイでは、クラチャイダムと呼ばれ、
スライスした黒ショウガを煮出してお茶として飲んだり、
お酒につけたりと、とても馴染のある食べ物で胃腸の調子を整えたり、
痛みを和らげるとして1000年以上前から薬草として用いられているようです。

近年、その効能が日本でも注目されるようになり
沖縄で栽培されているそうです!

⚫️ものすごい冷え取り効果が
オリザ油化株式会社の実験によれば、
黒ショウガを摂取した1時間後には末梢血流が改善されたそうです。
また1週間継続摂取したところ、末梢血流の改善だけでなく、
変形して血流の悪くなってしまった末梢血管の形が整えられ、
正常な状態に回復した人も居たそうです。
一時的な効果でなく、末梢血管自体を強くして
血流を良くする効果があるため、
冷えの根本的な解決に繋がる有望な食品ですね!

また、血管の機能を調節するNO(一酸化窒素)の生産を促進させる効果もあり、
より一層の血流の改善が期待できます^ ^

⚫️黒生姜のむくみ解消効果\(^o^)/
ある実験では、冷え取りと同時に“むくみ”の改善を
実感された方が約半数いらしたそうです。
これは、末梢血管の形が正常に戻り、血流が良くなることで
むくみの原因となる血液の圧力バランスが改善され、
細胞と細胞の間にある老廃物や余分な水分を
リンパ管に届ける力が回復したのではないかと考えられているようです^ ^

⚫️黒生姜の乾燥肌改善効果
また、約4割の方が、乾燥肌の改善も実感されているようです。
末梢血管の血流が良くなれば、お肌の血流も良くなって
細胞に栄養がいきわたり、お肌が持つ本来の潤いやハリが戻ってきます。
たった1週間で約4割の方が実感されているのですから、
継続的に黒ショウガを摂取すれば、
お肌の細胞が本来の力を取り戻す手助けになりそうでね\(^o^)/

冷え取り、むくみ、乾燥肌、どれも女性を悩ませるものですが、
改善のポイントは、「血流を良くする」こと。
末梢血管を強くして血流の改善を促す「黒ショウガ」注目せずにはいられませんね!
黒ショウガは、お茶やサプリメントで簡単に摂ることができますので、
この冬は「黒ショウガ」を摂って冷えも“むくみ”も
乾燥肌も撃退しましょう!

また、約4割の方が、乾燥肌の改善も実感されています。
末梢血管の血流が良くなれば、お肌の血流も良くなって細胞に栄養がいきわたり、
お肌が持つ本来の潤いやハリが戻ってきます。
たった1週間で約4割の方が実感されているのですから、
継続的に黒ショウガを摂取すれば、
お肌の細胞が本来の力を取り戻す手助けになりそうです(^O^

20131120-093905.jpg

ヒートショックプロテイン

おはようございます。
久しぶりの投稿です。
毎日元気、森島です^ ^

今回はご存知の方もおられるかと思いますが、
ヒートショックプロテインについて書きたいと思います。

何か恐ろしい名前ですが、
別名、ストレスタンパクとも言われ、
文字通り、体に熱のショック(ストレス)が加わると
増加するものらしいです^ ^

それにより体温が上がることで、
以下のような働きをもたらすことができるようです(^O^)

①乳酸の発生を遅らせる
②ストレスから体を守る
③免疫細胞の働きを強化する
④細胞内で傷んだタンパク質を修復する
⑤あのコエンザイムQ10よりも抗酸化作用が高い(^O^)

ならばヒートショックプロテインを活性化させるには?

①適度なストレスを感じる
②筋肉トレーニング
③有酸素運動(30分以上が望ましいようです)

など結構大変!

しかしこの時期にピッタリな方法を見つけました(^O^)
それは入浴!

40から45度の少し熱めののお風呂が効果的だそうです。
入浴剤など入れるとさらに効果があるようです。

私は早速、入浴してきまーーーす(^O^)

20131113-071002.jpg

すべり症・・・大東市の患者さま

今回は大東市から
すべり症で来院された
患者様です。

症状は左臀部から左下腿に
かけての痛みと痺れで
スイミング時など水中では
それらを感じないとのこと。

水中で痛みや痺れがとれるなら
腹圧をしっかりかけて
腰椎をしっかり安定させれれば
症状は軽減するのでは、と
腰部のコアをしっかり
効かせる取り組みをしています。

なかなか難しいようですが
だんだんコツを掴めてきたようで
症状が少し改善したと
ご報告をうけました。

その調子で一緒に頑張りましょうね!

20131101-145413.jpg