月別アーカイブ: 2013年8月

脂肪のつきやすい食事とは?

おはようございます。
少し季節は進んだかな?
そんなことを思う森島です^ – ^

今回はダイエットを実行していく為には知っておきたい内容です。

体に脂肪がつく原因は実は単純です。

それは 摂取カロリーが消費カロリーより多くなっているからです❗

摂取カロリーが高くなる原因はやはり食事にあります。
食事の量がそもそも多すぎるか、 量が少なくとも揚げ物など
高カロリーな物を好んで食べる、などが考えられます。

また、脂肪のつきやすい食習慣には以下のような習慣を持つ方が多いようです。

①よく噛まない!
②テレビを見ながら、雑誌を見ながらなど ながら食事! が多い
③早食いの傾向がある
④スナック菓子、ファーストフード、ジュースなどが大好き
⑤朝食を摂らず夕飯に食事量が多く、夜食は必ず食べる!

上記に多数当てはまる方食習慣を改める必要があるようです。

頭の痛い話ですねm(._.)m

20130830-001951.jpg

体脂肪とは?

おはようございます。
毎日汗だくで出勤しています(~_~;) 森島です(⌒▽⌒)

みなさんはこの猛暑の中いかがお過ごしでしょうか?

さて今回は体脂肪について少し書いていこうと思います。

体脂肪とは体重に占める脂肪の割合を言います。
やはりこの数値が高ければ高いほど
肥満ということになります(~_~;)

しかし注意したいポイントは、
体重が平均値以内でも体脂肪の数値が高ければ
立派な隠れ肥満という事になりますねm(._.)m

ここで体脂肪の計測についてポイントをあげます。
体脂肪の計測は毎日同じ時間に
同じ環境下で計測することが大事なようです。
なぜなら、食事や排泄などで数値は大きく変化するようですね(^_-)

体脂肪率の平均値
男性 標準 肥満
30歳未満 14%から20% 25%以上
30歳以上 17%から23% 25%以上

女性 標準 肥満
30歳未満 17%から24% 30%以上
30歳以上 20%から27% 30%以上

以上の数値を目指してダイエットや体質改善をしていきたいですね(⌒▽⌒)

次回は脂肪のつきやすい食事について書きたいと思います。

20130822-223532.jpg

ダイエットの豆知識

おはようございます。
お盆休み真っ最中の方も、お仕事の方も
この猛暑の中いかがお過ごしでしょうか?
私は今日から気合を入れて仕事頑張りますo(^_-)O

私は体重を落とすためにいろいろとやってきたのですが
このお盆休みで少しだらけてしまったので
ここで少しダイエットについて復習、勉強をふまえ
投稿しようと思います(^_^)

改めて 脂肪とは?

⭕体脂肪とは体の皮下、筋、骨、神経、血液、内臓など
いたるところについた脂肪の総称です(^^)

⭕この耳の痛い体脂肪! 体にとってはすごく大事な働きをもっているんです。

①衝撃から身を守る。
これがなければ人間は怪我だらけになってしまいますね^o^

②体温の維持。
生命の維持にも実はものすごく大事なんですね^_^

③エネルギーの貯蔵
この猛暑には欠かせないですね^o^

以上にあげたように体脂肪は私達の体には
ものすごく大事な働きをしているんですね(o^^o)

⚠しかし、ご存知の通り、体脂肪は増えすぎると
私達の体に様々な被害を及ぼすこともなります。

①肥満の原因!
これが一番嫌ですね(≧∇≦)

②生活習慣病の原因!
耳の痛い話ですね(≧∇≦)

ここで体脂肪についてもう少し詳しく。

⚫ 体脂肪は大きく分けて二つ!

①皮下脂肪m(__)m
体温を維持したり、衝撃から身を守ります。
皮膚のすぐ下にあり、男性より女性の方がつきやすいのが特徴のようです。
備蓄エネルギーになるため、簡単には
燃焼しにくいのが特徴のようですね。

②内臓脂肪m(__)m
内臓周囲につきやすく、落としにくいのが特徴です。
男性の方がつきやすいのが特徴のようですね。
内臓の周囲につくので、外見上痩せて見えるかたも
実は隠れ肥満という方は内臓脂肪が多いのですね(~_~;)
様々な生活習慣病を誘引するため注意が必要ですが、
食事と運動で効率良く減らすことは可能なようです(≧∇≦)

夏真っ最中!!

こんにちわ!坂本です!(*^^*)

毎日あついですけど、風が気持ちいいですよね〜(*^^*)
みなさん、もう海には行かれましたか??(^^)

1日1日が早くすぎて、
もうすぐお盆休みですね!(^^)

くろやま鍼灸整骨院は12日〜15日までお盆休みになっています!
みなさん、海にいったりマリンスポーツしたりケガも多い時期なのでお気をつけてお過ごしくださいね!(^^)

20130805-000115.jpg

みなさん要注意です!( ; ; )

おはようございます。
夏にも負けず毎日元気!森島です。

毎日暑い日が続いていますが皆様お元気ですか?

今回は最近テレビなどで良く放送されている感染症、
手足口病について書きたいと思います。

手足口病とはコクサッキーウイルスの一種が原因となって起こる
ウイルス性疾患だそうです。

病名の由来は手のひら、足の裏、口の中に水泡が発生することから
この名がついたようですね 。

乳幼児によく見られる病気だそうなので、
小さなお子様がおられる家庭は気をつけてくださいね。

気をつけるためには感染症なので感染経路を知っておき
予防法を把握しておくと良いと思います。

感染経路を調べると以下のようです。
感染者の鼻や咽頭からの分泌物、便などによる接触感染。
また感染から発症までは3から5日程かかるみたいですね。

症状は?
初期症状は発熱、頭痛みたいです。

その後、2から3日後に手のひらや足裏、膝裏などに痛みの伴う
水泡が発症してくるみたいです。

これが5日から1週間程続くみたいです。

こんなの嫌ですよね。

ここで治療法を調べてみると、なんと特別な治療法はない!

どういうこと?
症状が改善するまでは基本的には安静にする!これが基本みたいですね。

特別な治療法もない! いったいどうすればいいの?
大事なことは予防法!

これから予防法を挙げたいと思います。

実は簡単!
徹底した手洗い、うがいです。

えっ!そんなので?と思われた方もいらっしゃると思いますが、
手洗い、うがいむちゃくちゃ大事です。

簡単なようで厳かになってしまいがちな、
手洗い、うがいを徹底して元気に楽しくこの夏を乗り切りたいですね。