作成者別アーカイブ: kuroyama

頚椎の神経痛

みなさま、こんにちは。

今回は頚椎の神経痛についてお伝えしようと思います。

その中でも画像などでも
わかりやすい頚椎の骨棘による神経痛について説明します。

ちなみに骨棘とは
『骨に加えられた何らかの刺激に反応して骨組織が増殖し棘状となったもの』
と説明されています。

簡単にいうと骨が棘の形に変形することですね。

さて、人の背骨は首7個、胸12個、腰5個、仙骨でできています。

それらが構成する関節の間には
椎間板と言われる水分を多く含み
クッションの役割を果たす組織があります。

しかし、変形が起きたり
水分が少なくなってしまった椎間板では
背骨でのクッション性が悪くなり
上下の骨同士での圧力が増加します。

骨棘は、高応力部では添加が起こり低応力部では吸収されるという
Wolfの法則に従い発達します。

変形が起きたり水分が少なくなってしまった椎間板では
背骨間のクッション性が悪くなり
上下の骨同士での圧力が増加させ骨棘を形成します。

大きい骨棘が形成されると図のように関節の間が狭くなることで
神経を圧迫してしまい、しびれや筋力低下をきたすことがあります。

骨棘は関節不安定性に対する適応でもあるので
予防には頚椎の安定性を高めるトレーニングが必要です。

具体的には頚椎安定化に働く頚長筋の活性化や胸郭の可動性を引き出すことで
頚部の安定性は高くなります。

このことについてはまた別の機会にお伝えしますね。

以上、頚部から発生する神経痛の原因のお話でした。

森島

左右のバランス

みなさま、こんにちは。

今日は骨盤の左右差についてお伝えしたいと思います。

私、くろやまは定期的にトレーニングをしています。

少しずつ重量を増やしていき順調に負荷増大が進んでいました。

しかし、スクワットやデッドリフトを行う際
ある重さ以上になると右の腰がひどく痛むようになりました。

原因は骨盤を安定させる多裂筋に
(詳しくいえば仙骨と腰椎を結びつけ安定させる筋肉)
あると考え、今まで以上にその筋肉を意識して
スクワットやデッドリフトに取り組みましたが
やはり右腰の痛みはその都度発生しました。

ちなみに下図が多裂筋です。

試行錯誤して、しばらくしてから悩みは解決しました。

結論をいうと多裂筋の左右差が影響していました。

私の場合、左の多裂筋が右に較べて出力が弱かったため
荷重が強くかかった際、右の骨盤の前傾を強めてしまいます。

そのことで右腰の関節に強いストレスがかかり
痛みを誘発していました。

答えがわかれば対策は簡単です。

荷重時に左の多裂筋を意識して左の骨盤の前傾を
右と釣り合わすだけ。

それだけでスクワットやデッドリフト時に痛くなっていた重量から
20kg増やしても右腰の痛みは感じなくなりました。

このような問題は特にスポーツをする人や毎日同じ動作を
繰り返す仕事をする方が遭遇するものだと考えられます。

繰り返しの動作によって使われる筋肉のくせが生じやすいからです。

骨格を安定させるにはもちろん骨を支える筋肉の強さも必要ですが
バランスも大事だというお話でした。

何かを組み立てる際、片側だけ強くてもすぐに
倒れてしまいますよね。

更に詳しく腰痛について知りたい方はこちらを
ご覧ください。
www.kuroyama-seikotsu.com/youtu.html

今回の問題のような悩みをお持ちの方は
お気軽に当院スタッフまでご相談くださいませ。

くろやま

毎日の日課!

おはようございます。

くろやま鍼灸整骨院の森島です。

今日も寒さで目が覚めましたー❄️<

然ですが皆さんは<< ケアをどのようにされていますか? 実は私、少し前までは単純に<< に歯ブラシをするだけでした⁉️ しかし歯ブラシだけでは虫歯の予防には全なことを歯科衛生士さんにバイスしていただきました。 ならどうすれば良いのか❓ 実はブラッシングの後はフロス歯間ブラシでかりとケアしなければいけないようです😵

ご存知な方も多いと思いますが
フロスと歯間ブラシを必ずするようにしています。

皆さんは歯の手入れどのようにされていますか?

歯の痛みが肩こり首のコリの原因になる事も
たさい↓

http://www.kuroyama-seikotsu.com/katakori.html

体型分類メソッド

こんにちは。

先日、体型分類のセミナーに行ってきましたので
今回はそのことについてお伝えします。

来院された皆様によく体型の相談を受けます。

それぞれ理想の体型を思い描いていらっしゃいますが
そこに向かっていくための指標として
自分の骨格の状態を知っておくことはとても大事です。

なぜなら生まれ持った骨格にあわせて

トレーニングしなければ
自分の理想体型をつくることが難しいからです。

ウエストの太さに悩んでいる方の胴廻りを計測すると
実は身長からの比率でいえばちょうどいい周径だったりします。

実際には太くないのに太く見えるのはなぜか?

それは肩幅とのバランスに問題があるんです。

胴体の縦と横の比率は同じになるように計測して描きました。

ウエストの横幅は同じ長さですが
肩幅の狭い右の方がウエストが太く見えませんか?

左の人がウエストにくびれを作りたいと考えた時に
すでにウエスト周りの脂肪が少ない人であれば
それ以上は細く出来ません。

骨格がそうである以上、頑張って腹筋をしてもくびれは出来ないのです

では、どうするか?

肩幅(上部胸郭)を広げてあげればくびれはできます。

ひとまず一例をご紹介しましたが、こんな風に
自分の体型を知ることで的確なアプローチをすることが出来ます。

大まかにわければ5パターンほど体型は分類できますので
自身の骨格に基づく体型を知りたい方は
スタッフに気軽に聞いてくださいね。

くろやま

腸もみについて①

こんにちは!田中です。

今日は腸もみについて少しお話します。

当院の腸もみは、単純にもむ、ということではありません。
腸の癒着を剥がしたり、滞留便がスムーズに流れるよう促したり
腸の機能と構造を利用し、効率的に腸が動くように
施術していきます。

・便がスッキリ出ない
・お腹にガスが溜まっている
・お腹だけポッコリ出ている
・お腹が硬い

こんな症状ありませんか?
どれも原因は1つではないんですが、
“器質的”な問題なら、腸もみで改善する可能性は高いです。

便秘だからといって、便秘薬に頼りすぎると
腸の本来の働きが低下してしまい《便秘薬に頼らないといけない》
のが普通になってしまいます。

気軽に相談してくださいね^^

腰痛

おはようございます。
毎日元気森島です^ – ^

最近、運動不足解消のため
ランニングに励んでいます。

皆様は何かに
取り組んでいることはありますか?

さて今回は慢性的な腰痛に
対しての症例をご紹介したいと思います。

50代 男性
20代の頃から常に腰痛に悩んでいると
来院されました。

最近は荷物の出し入れや
椅子から立ち上がろうとすると
腰の痛みが強く出るとのことです。

腰部、臀部、太腿の裏側など
筋肉は硬く、マッサージを入念に
行ってもその時は楽だが治療の効果が
継続しないということです。

そこでインナーマッスルの
訓練をお伝えさせて頂きました。

すると嘘みたいに楽になったと
感想を頂きました^ – ^

詳しいインナーマッスルのお話は長くなるので
興味のある方は是非当院へ
ご来院ください。

腰痛についてはこちらで説明しております。
http://www.kuroyama-seikotsu.com/youtu.html

筋と安静時代謝

こんにちは。 くろやま鍼灸整骨院です。

今回の投稿は如何にダイエットには筋肉が
必要かというお話です。

脂肪をエネルギーとして代謝していくには、
有酸素性代謝系によって酸化していかなければ
ならないようです。

有酸素性代謝系というと一般的には
エアロビックスやマラソンなどを想像する方が
多いと思います😏

一方で私たちは1日中トレーニングを
しているわけではないので日常生活の中で
なるべく多くの脂肪を代謝し、多くのエネルギーを
消費することも重要になります。

これには基礎代謝や安静時代謝を高める必要があるようです。

このような代謝を高める為に働く臓器が
ヒトでは主に肝臓と筋肉です。
ということは筋量が多い人は基礎代謝、安静時代謝が多く、
脂肪がつきにくい身体になるようです😄

実際、筋肥大を目的としたトレーンングを4ヶ月続けると、
安静時代謝が平均5〜10%ほど上昇するというデータもあるようです。

以上のことからもダイエットには筋肉が必要という事がわかります。
ここで当院では筋肥大を目的としたメニューを用意させて頂いています。

興味のある方は是非当院へ「筋肉トレーニングをしたい」と
お問い合わせください。スタッフが丁寧に対応させて頂きます😜

筋肉トレーニングの重要ポイント❗️

こんにちは☀️
くろやま鍼灸整骨院です。

今回の投稿は筋肉トレーニングをより効果的に
行う方法を少しお話ししていきます(^^)v

筋肉トレーニングをするにあたって
より効率良く効果を出せると良いですよね笑

ひとつの筋肉に対してピンポイントに
トレーニングを行う事はもちろんですが
ある工夫をすることでより効果的に鍛える事が出来ます。

それはパーベルやシャフトの握り方です。
あるポイントをしっかり抑えてバーベルやシャフトを
握りトレーニングを行うと意識しないで行う時との
筋肉の感じ方、疲労度が全く違います❗️

えっ😲どういう事⁉️
そう思われたあなた是非当院に
「加圧トレーニング体験したいです」とお問い合わせください。
スタッフが丁寧に対応させて頂きます。

森島

ビフォーアフター

皆さま、こんにちは!

今回はあるクライアントさんの

身体のビフォーアフターを

紹介しようと思います。

本格的にトレーニングを

開始したのは8/10からで

レジスタンストレーニング、有酸素運動を

継続して行いました。

また、脂肪燃焼効率を高める

栄養摂取を意識して食事をしてもらいました。

こちらが7/28〜9/13の変化です。

ちなみに体重は70.8kg→69.8kgで

1kgの変化です。

今回のダイエットにおいてひとつ

約束事があります。

それは一日三食の食事で糖質を

抜かないということです。

当院に相談に来られる方々にも

過剰な糖質制限をされているという話は

よく聞きます。

しっかりご飯を食べてもあることを意識すれば

画像のように脂肪は減らせます。

食べながら健康を損なわずに

理想の体型を目指していくのが

当院の考え方です。

興味のある方はぜひスタッフに

ご相談ください!

玄山

#ダイエット #トレーニング #糖質制限 #整骨院 #生野区 #今里 # 

軸運動の大切さ

こんにちは、くろやま鍼灸整骨院です。
暑さのピークも過ぎ過ごしやすい季節に
なってきましたが皆様お元気でお過ごしでしょうか?

今回は慢性的に肘の痛みで悩んでおられる
患者様の症例を紹介させていただきます。

40代 男性
力仕事をしていて慢性的な右肘の痛みに悩まされていると来院。

初めは肩周辺から右腕全体の疲労と考え
周辺の血行改善を目的に周辺の筋緊張を緩和させる
施術をしていました。
しかし、その時は楽になるがまた痛みがでるという事なので
少し治療方針を変えてみました。

その方法が運動軸を考えてその患者様の肘の運動の癖を
修正していく治療です。
この治療をを行うと患者様の症状は少しずつではありますが
改善の方向に進むようになりました。

ヒトの関節の運動は決まった法則で動いています。
その法則に従った正しい運動をしていくと症状は改善していきます。
そのキーワードが『運動軸』という事です。

当院ではその方その方にあった治療法をしっかり
見極め症状改善に努めています。

関節の痛みにお悩みのあなた◯◯の関節が痛い
とお問い合わせください。
当院が全力で治療させて頂きます^@@

森島